So-net無料ブログ作成
パリで食べる ブログトップ
前の10件 | -

‘18.2. パリ旅行記 (24) 『デリス ドゥ シャンドン』 [パリで食べる]



“Délice de Shandong”

名前だけ聞くと、フランス語のわからない

私はフレンチレストラン?

と思ってしまうんですが

シャンドンは中国 山東省の事みたいで

これはパリ13区の中華街にある

中華料理屋さんの店名。


近くに似た名前のレストランが有り、

紛らわしいです。

338E0591-FB89-4F20-999F-10688BA6738B.jpeg

お店探しをしている間に

ここの美味しそうな水餃子の画像を発見。


わざわざ寒い中、電車を乗り換え

やってきました♪


まだお店は空いていましたが、

大きな荷物があっても否応なしに

相席にされました。

ゆっくり食事を楽しむところではなく

大衆食堂、って感じ。


メニューは中国語とフランス語のみ。

写真があったので何となくオーダー

出来たつもりが、この餃子、具の肉の種類まで

選べるらしく。。。

確か豚肉、牛肉、海老、魚など。

ちょっと通じなくって困りました。


餃子はやはり一番のオススメらしく

周りの人たちも皆 食べていました。

卓上の食べるラー油みたいな調味料を

付けると飽きずに食べられます。


448D144B-0DEA-4202-9EC5-B4D5115AB07D.jpeg

野菜炒めと、麺類も注文。

パリは外食が高いのでコスパと

野菜不足解消するには どうしても

アジア系料理になってしまいがち。


地下鉄5号線 サンマルセル駅と

カンポフォルミオ駅の間にあります。


帰国日前日、パリでは珍しく

みぞれが降り、まだこの時点では

道路は積もっていませんが、植え込みは

早くもこんな感じに。


E7DB56FF-9862-4E1B-8377-38B2B3D1855A.jpeg


nice!(0)  コメント(0) 

’18.2. パリ旅行記 (26) 帰国日前夜 [パリで食べる]


最終日の夜は、パッキングという大仕事が

あるし、天気も悪かったので近所のカフェで

軽く済ませました。


4D6EB765-5BB3-4978-B303-B6ADCB0BDE22.jpeg


到着日に食べられなかった

タルタルステーキをメニュー内に発見!

恐る恐るオーダーしてみました。


まあ、大衆食堂なので期待してはいませんでしたが

。。。

一ツ星☆レストラン、街のビストロ、

そして今回のカフェと今迄に合計3種類の

タルタルステーキを堪能したことになります。


本当に、こんなにも違うんですね。

勉強になりました。


。。。あ、ここのサングリアは結構

イケてました[バー]


nice!(0)  コメント(0) 

‘18.2. パリ旅行記 (25) 『エドワール ショコラティエ パリ』 [パリで食べる]



お土産に生チョコレートを買って帰ろうと

思って メモっていた有名ショコラティエが

揃って日曜日や月曜日が定休日なのには

参りました。


何故なら帰国日前日が月曜日だったから。

帰国日の火曜日はお買い物は出来ない

スケジュールだったので

時すでに遅し。


今回、そんな中

運良くチョコをゲット出来たのは

ギャラリーラファイエット食品館にある

アランデュカスと、ジャンポールエヴァン、

そしてお宿近くの “Edward Chocolatier”。


エドワールは定休日無し、又、

パリのデパートが日曜日も営業してくれるように

なったのも、滞在日数の少ない観光客にとっては

本当に有難い[黒ハート]



さて、このエドワールという チョコ屋さん。


無名かと思いきや、雑誌に載っているでは

ないですか[exclamation×2]

AAC0FD9F-3030-44B9-A5D6-38E8AF5F6D04.jpeg

(クレアトラベラー春号より拝借)


しかも、2016年にはサロンデュショコラの最優秀賞、

ニューヨークタイムズが選ぶパリのショコラティエ

では第3位。

全く存じ上げず、失礼しました[あせあせ(飛び散る汗)]

でもそのはずだったんです。だって創業2014年。

。。。ってつい、この間じゃないですか[ー(長音記号1)][exclamation]


小さなお店の小さな小さな生チョコ。

甘過ぎず、マイタイプ。

生チョコ、食べてしまう前に写真を

撮っておくべきでした。


板チョコはまだ残っていたので、[カメラ]

BF6E8246-5890-41C0-BEDD-080A356F83CC.jpeg

板チョコは酸味の少ないビターと

マイルドなミルクタイプを選んでもらいました。

3枚以上買うともう一枚貰えるので

バラマキ土産を考えている人には

とても良いサービスかも。


生チョコは、気前よく何種類も試食させて

くれたので自分好みのものをお土産に

持って帰ることが出来ました。

日本のニッカウィスキーを使ったものや、

カレー味、バオバブの生チョコなどの

ビックリするようなフレーバーも。

男性にも喜ばれそうな生チョコです。



マレ以外にコンコルド近くにも店舗有り。




ここは、リピ決定[わーい(嬉しい顔)][るんるん]


nice!(0)  コメント(0) 

‘18.2. パリ旅行記 (22) 『ティーカップ』 [パリで食べる]



可愛い内装のカフェをネットで見つけ、

朝食を食べに出かけました。


が。。。またしても迷いました。

しかも、この日はかなり寒かった[たらーっ(汗)]


アパルトマンから徒歩5分のサンポール教会を

通り過ぎ、テュレンヌ通りを北上。

ヴォージュ広場の2ブロック北側辺りにあります。


8FD989CB-9293-41A1-9116-FC9E1782A62B.jpeg

入ってみると、この“T’Cup” は

英国風のカフェレストランでした。


寒い日だったからか、客足はまばら。

ほぼ貸切で、居心地が良くって、すっかり

長居してしまいました。


96FBB401-57E4-455C-B1A6-619249A7A8A3.jpeg


英国カフェなだけあって、紅茶はポットサービス。

お店の人から、紅茶が十分抽出されるまで

待ってくださいと言われ、じっと我慢。


その甲斐あって、美味しいミルクティーを

楽しめました。


CBDCD683-5AFC-4A3A-92B8-3F82DC6297BD.jpeg

スコーンも焼きたての熱々。


写真を撮り忘れて残骸ですが、

スクランブルエッグ&サーモンの朝食セット。

D8951D55-38ED-4D0F-A84B-89B8DCA96D06.jpeg


少々お高めの朝食にはなりましたが

インスタ映え&女子向きな雰囲気料と

思えば妥当かも。


そうそう、 “The Loo”

英国表現でトイレのこと。

写真は撮りませんでしたが

便座が黒で、これまた古き良き英国風トイレ。

ここまでこだわってるの???

ってビックリしました。

F6746AF2-74B9-41ED-8AA9-5273B689E79E.jpeg


のんびり紅茶&おしゃべりを楽しんでいたら。。。

6F106371-891E-41C1-B43D-64DB1C5D1FD2.jpeg


みぞれが降ってきました[霧][あせあせ(飛び散る汗)]

どうりで寒かったわけだわ。。。


☆☆☆




ランチやアフタヌーンティーも気になる

カフェレストランです。



nice!(0)  コメント(0) 

‘18.2. パリ旅行記 (21) クレープスタンド『ラ・ドログリー』 [パリで食べる]



マレのアパルトマン近くにあった

クレープ屋 “La Droguerie”

ADB0A3E8-1C54-4DC6-8A4A-1FF69F71BBA2.jpeg

夕刻にもかかわらず、長蛇の列。

ならば美味しかろうと並んで待って。。。


よくわからないフランス語のメニュー板と

暫し にらめっこ[目]


知ってる単語から察するに、こちらはお食事系

819B55A2-2A24-484A-A18F-A28E2F6D41C2.jpeg


こっちは甘い系かな

6B17C207-8CAA-42F3-B4FF-01CAC215664F.jpeg


雰囲気的に、並んでるのは皆 観光客っぽい。

店内はたったの5席。

なのでみんな 外で立ち喰いです。


47D408E3-D212-4027-AA85-6EA77548FF27.jpeg


私はお食事系メニューから

オリエンタルという名前のガレットに♪


57811AF9-55B7-42A1-B8E2-7F44B9762436.jpeg


チキン、チーズ、パプリカ、オニオン、トマト、オリーブ

がどっさり詰まっています。


753B2E11-F4C8-43AD-AD6D-F28DD2AC2C5C.jpeg

ものすごい、ボリューム。

端はパリパリで美味しいんだけど、生地が厚すぎで

モサモサなのが残念。すぐに食べ飽きてしまいました。


連れはシンプルに塩バタークレープ。

9827B255-1448-4D96-A874-0247BA47A5E2.jpeg

味見させてもらいましたが、クレープが正解

だったかな。


パリで食べるそば粉ガレットはハズレ続き。

東京でご贔屓のクレプリが美味しすぎて

それを超えるガレットにまだ出逢えません。


nice!(0)  コメント(0) 

‘18.2. パリ旅行記 (20) 『セミーヤ』 [パリで食べる]



サンジェルマンでのランチは

モダンフレンチの“Semilla”へ。

セミーラと呼んでしまいそうですが

どちらかと言うと セミーヤに近い

発音の様です。


CB7F0DCA-4CF2-4B64-87A2-1A4244EE7F08.jpeg


適当に選んで予約して行ったのですが

そこそこ人気のあるお店だった様です。

平日のお得ランチがある日だったら

入れなかったのかも[あせあせ(飛び散る汗)]


F860471E-E8C9-46DF-9EA1-68DC7CFC402F.jpeg


この日は週末だったのでアラカルトのみ。

メニューはフランス語でしたが

ウェイトレスさんが英語堪能で

全部説明してくれました。


5E14CA68-5ED9-4B15-B789-9F86F7BD0FF9.jpeg

見ての通り、かぼちゃのスープ

見た目より たっぷり♪



2F784BEE-E28F-4E44-AB7F-0A2EFA425C3A.jpeg

確か、リードヴォーを選んだかと。。。

メニューも写真に撮っておくべきでした。

鍋いっぱいにお肉と野菜があって

ボリューミーな一品。(36€)

C7DE21ED-9A9B-434F-9C42-C2DCDBA594E3.jpeg

手前のボウルはお好みでお肉&野菜と

一緒にいただく為のマッシュポテト状のソース。



連れはプレーンなステーキをチョイス。(38€)

B6167EB9-53BB-496F-AD49-89F84EE678D0.jpeg

付け合わせのマッシュポテトの量が半端ない。。。[ダッシュ(走り出すさま)]


2人ともメインの量が凄かったので

デザートはパス。


オシャレだし、悪くは無かったのですが

ここはコスパの良い平日ランチが

オススメかな。


日程に余裕が無く、今回は断念しましたが

やはりフォンテーヌブローの

後藤シェフのお店に行きたかったなぁ。

やはり今まで訪れたレストランの中で

L‘Axelが断トツの1番です♪


nice!(0)  コメント(0) 

‘18.2. パリ旅行記 (18) 『ジャンチ』 [パリで食べる]



和食屋が多く集まるサンタンヌ通り界隈にある

韓国料理屋“Jan Tchi”


ローカルにも人気のお店で、平日にも拘らず

開店時間の夜7時には長蛇の列が出来ていました。


メニューには日本語表記もあって助かりました。

店員さんは英語はあまり通じなそうです。


C7C4B31F-0892-4048-A796-3B363EC86FF7.jpeg

単品料理の注文でも、6種類の小皿料理が

出てきます♪

キムチやもやしのナムル、インゲンのにんにく炒め

大根のピリ辛和え、ナスの甘辛煮など

日本人好みの繊細な味付けで

メインの料理にも期待してしまいます。


B9E867DC-BA52-4722-92FB-E0501DBF1659.jpeg


連れは味噌チゲ。

私は石焼ユッケビビンバを。


普通の石焼ビビンバは13ユーロくらいでしたが

↑は野菜たっぷり&大好きなユッケも入って

いたので、お値段も18ユーロくらいだったかと。


9A156B6D-DE02-4A36-A174-680C09995EE0.jpeg

味噌チゲはコチュジャン味噌じゃ無くて

日本のお味噌みたいな茶色い味噌です。

疲れた胃には最高だったそうです。


お腹はすでにイッパイでしたが

デザートが気になり。。。注文[手(パー)]


この五色団子と、

9F4F8D8D-4D5E-41E9-A0D1-E2A99CD29CD2.jpeg


抹茶アイス。

F16AF354-AF48-4712-BFFE-13DE828782EB.jpeg


どちらも美味しくって、満足の夕飯。


人気の理由がわかりました。

しかし、また美食の国でアジア料理。。。

明日はフレンチに行こうと心に誓ったのでした。


nice!(0)  コメント(0) 

‘18.2. パリ旅行記 (15) 『ビストロ ベルアラ』 [パリで食べる]



フランス語が出来ない者にとって

レストランのネット予約は超便利♪


パリ7区でランチするべく予約したのはここ、

“Restaurant Belhara”

フランス語なのでベルハラよりは

ベルアラに近い発音なんだと思います。


6BA1BAEF-15A4-443F-B72D-F806113759C3.jpeg


シェフはスペイン国境近くのバスク地方の出身なので

南仏の郷土料理っぽいエッセンスも

楽しめるお店です♪


メニューは何故か日本語もあったので

助かりましたが、英語は全く通じず

ああ、やっぱフランス語、勉強しなきゃ

と思いました。

親切に対応していただけたのが救いです。


C3CA2FA9-D2BD-44BA-AF36-A8913F55514A.jpeg


あまり沢山飲めない私は、赤が

飲みたくて、しょっぱなから頼んじゃいました。


入店時は私たちだけでしたが、

続々とお客さんがやって来て、気づけば満席。

皆、観光客では無くローカルな感じでした。


スープ。。。なんのスープだったか

3C6B209F-9A0C-4880-A9AF-5D02EDF6CB1E.jpeg

悲しくも忘却の彼方。

美味しかったんですが。。。


牛の煮込み???

29111E18-4A03-4288-AA88-DB3FAF947C16.jpeg



私はウサギを。

E40C820D-5037-494B-A6E6-AAF7BFEE7A87.jpeg

やはり、どうしても珍しい食材を選んでしまう私。

結果、正解でした♪



デザートは、ライスプディング。

FF9D5D97-8444-4F42-ADB6-C51E9E4C72F1.jpeg

これも、とても優しいお味。

ナッツの香ばしさと甘いソースが

いいバランス。


3EB34C41-C019-4A17-9C1D-A3640CB83065.jpeg

コーヒーも美味しくて、満足の

プリフックスコース。

確か1人34ユーロだったかな。


帰り際に、言葉が通じなかったんですが

ひょっとして、日本人の従業員さんが

奥にいらしたのかな?

ジャポネなんとやらと

店員さんが言ってました。

真相のほどは???です。




nice!(0)  コメント(0) 

‘18.2. パリ旅行記 (14) 『オー プティ ヴェルサイユ ドゥ マレ』 [パリで食べる]


滞在先のアパルトマンの近くで

一番クチコミの良かったパン屋、

“Au Petit Versailles du Marais”


3D2C1B21-6A2F-4CC9-B82F-4E6CAEBC729A.jpeg


朝、散歩がてら お店に向かったら

開店間もないのに10人くらいの列が。


514A6290-3327-476E-AF51-73CB02FC57D8.jpeg


やはりクチコミ通りの人気店でした。


77AE09FE-93C5-4EF4-8B2A-526876D94AE8.jpeg


パンよりもケーキに目がいってしまい。。。

朝から甘いものを買ってしまった[ふらふら][あせあせ(飛び散る汗)]


59E03692-A8F7-478F-8E87-F88F0C3B2F17.jpeg


ミルフィーユと、アップルデニッシュ。


80EBCE0A-2FF8-4911-B34A-752F2D5D5B7A.jpeg


ミルフィーユは15センチ以上はある

特大サイズ!  ですが。。。

ちょっと私の好みでは有りませんでした。


アップルデニッシュも今ひとつ。

ここは普通にプレーンなバゲットサンドに

しておくべきでした。


☆☆☆


マレ地区はお菓子屋さんが

とても多い街です。


93F94226-5713-48CD-B9A2-03D827BF699E.jpeg


パン屋近くに、こんなケーキ屋さんも

有りましたが、結局買いませんでした。

見るからに甘そうですよね。。。[あせあせ(飛び散る汗)]


nice!(0)  コメント(0) 

‘18.2. パリ旅行記 (13) お部屋で軽食 [パリで食べる]



パリ2日目の夕飯は、お腹が空かず

部屋で買ってきたパンと生ハムなどで

軽く済ませました。


FF6DC49B-1569-4FB8-95E1-893D6CD9F7F1.jpeg


この時のパリは冬時間だったので

日本との時差は8時間。


夜の7時だと日本は夜中の3時なので

お腹が空かなくて当然と言えば当然

ですが…[わーい(嬉しい顔)][たらーっ(汗)]


B67ADE16-C470-4766-8BCE-CF726542C142.jpeg


パンはバゲットコンクールで優勝している

有名店、“La Parisienne”の

バゲットに、

朝 行った “La Maison Plisson” の

シュガーブリオッシュにクロワッサン♪


日本で買うと3倍くらいする

ボルディエのバターを塗ってバゲットを

食べるだけで幸せ。


☆☆☆


さて。。。本来なら、アパルトマンを借りたので

ガンガン自炊するつもりでいた私でしたが

キッチンの設備的に本格調理は断念しました。

冷蔵庫が思いのほか小さかったことと

鍋がテフロン鍋でなかったのが致命傷。


アメリカのホテルコンドなら

ディスポーザーも付いてるし

鍋も冷蔵庫その他の設備も文句なし

だったので、ついつい それを水準に旅計画

してしまったのが間違いでした。



(過去に泊まったハワイのコンドミニアムのキッチン)

7B957517-1238-41F4-BED9-4AF82986D9DB.jpeg


おうちよりもデラックスなキッチンで

旅先なのにオーブン使って冷凍ピザを

焼いたりしてました。


E3FBEACF-7D2C-4FC4-9AAE-2CB762ADA866.jpeg


アメリカでは大体のところで

食洗機完備でした。これってかなり

ポイント高い。

5CC42A4C-1E0B-4297-8A44-63C2B9F024BB.jpeg


今回は当然 食洗機など無いので、頑張って

手洗いしましたけどね〜。


まぁ、それでもコーヒーや紅茶を

部屋で飲むときに電子レンジで

牛乳を温めたり、簡単なスープを作ったり

出来るのは有り難かったです。

nice!(0)  コメント(0) 
前の10件 | - パリで食べる ブログトップ