So-net無料ブログ作成

‘18.2. パリ旅行記 (15) 『ビストロ ベルアラ』 [パリで食べる]



フランス語が出来ない者にとって

レストランのネット予約は超便利♪


パリ7区でランチするべく予約したのはここ、

“Restaurant Belhara”

フランス語なのでベルハラよりは

ベルアラに近い発音なんだと思います。


6BA1BAEF-15A4-443F-B72D-F806113759C3.jpeg


シェフはスペイン国境近くのバスク地方の出身なので

南仏の郷土料理っぽいエッセンスも

楽しめるお店です♪


メニューは何故か日本語もあったので

助かりましたが、英語は全く通じず

ああ、やっぱフランス語、勉強しなきゃ

と思いました。

親切に対応していただけたのが救いです。


C3CA2FA9-D2BD-44BA-AF36-A8913F55514A.jpeg


あまり沢山飲めない私は、赤が

飲みたくて、しょっぱなから頼んじゃいました。


入店時は私たちだけでしたが、

続々とお客さんがやって来て、気づけば満席。

皆、観光客では無くローカルな感じでした。


スープ。。。なんのスープだったか

3C6B209F-9A0C-4880-A9AF-5D02EDF6CB1E.jpeg

悲しくも忘却の彼方。

美味しかったんですが。。。


牛の煮込み???

29111E18-4A03-4288-AA88-DB3FAF947C16.jpeg



私はウサギを。

E40C820D-5037-494B-A6E6-AAF7BFEE7A87.jpeg

やはり、どうしても珍しい食材を選んでしまう私。

結果、正解でした♪



デザートは、ライスプディング。

FF9D5D97-8444-4F42-ADB6-C51E9E4C72F1.jpeg

これも、とても優しいお味。

ナッツの香ばしさと甘いソースが

いいバランス。


3EB34C41-C019-4A17-9C1D-A3640CB83065.jpeg

コーヒーも美味しくて、満足の

プリフックスコース。

確か1人34ユーロだったかな。


帰り際に、言葉が通じなかったんですが

ひょっとして、日本人の従業員さんが

奥にいらしたのかな?

ジャポネなんとやらと

店員さんが言ってました。

真相のほどは???です。




nice!(0)  コメント(0) 

‘18.2. パリ旅行記 (14) 『オー プティ ヴェルサイユ ドゥ マレ』 [パリで食べる]


滞在先のアパルトマンの近くで

一番クチコミの良かったパン屋、

“Au Petit Versailles du Marais”


3D2C1B21-6A2F-4CC9-B82F-4E6CAEBC729A.jpeg


朝、散歩がてら お店に向かったら

開店間もないのに10人くらいの列が。


514A6290-3327-476E-AF51-73CB02FC57D8.jpeg


やはりクチコミ通りの人気店でした。


77AE09FE-93C5-4EF4-8B2A-526876D94AE8.jpeg


パンよりもケーキに目がいってしまい。。。

朝から甘いものを買ってしまった[ふらふら][あせあせ(飛び散る汗)]


59E03692-A8F7-478F-8E87-F88F0C3B2F17.jpeg


ミルフィーユと、アップルデニッシュ。


80EBCE0A-2FF8-4911-B34A-752F2D5D5B7A.jpeg


ミルフィーユは15センチ以上はある

特大サイズ!  ですが。。。

ちょっと私の好みでは有りませんでした。


アップルデニッシュも今ひとつ。

ここは普通にプレーンなバゲットサンドに

しておくべきでした。


☆☆☆


マレ地区はお菓子屋さんが

とても多い街です。


93F94226-5713-48CD-B9A2-03D827BF699E.jpeg


パン屋近くに、こんなケーキ屋さんも

有りましたが、結局買いませんでした。

見るからに甘そうですよね。。。[あせあせ(飛び散る汗)]


nice!(0)  コメント(0) 

‘18.2. パリ旅行記 (13) お部屋で軽食 [パリで食べる]



パリ2日目の夕飯は、お腹が空かず

部屋で買ってきたパンと生ハムなどで

軽く済ませました。


FF6DC49B-1569-4FB8-95E1-893D6CD9F7F1.jpeg


この時のパリは冬時間だったので

日本との時差は8時間。


夜の7時だと日本は夜中の3時なので

お腹が空かなくて当然と言えば当然

ですが…[わーい(嬉しい顔)][たらーっ(汗)]


B67ADE16-C470-4766-8BCE-CF726542C142.jpeg


パンはバゲットコンクールで優勝している

有名店、“La Parisienne”の

バゲットに、

朝 行った “La Maison Plisson” の

シュガーブリオッシュにクロワッサン♪


日本で買うと3倍くらいする

ボルディエのバターを塗ってバゲットを

食べるだけで幸せ。


☆☆☆


さて。。。本来なら、アパルトマンを借りたので

ガンガン自炊するつもりでいた私でしたが

キッチンの設備的に本格調理は断念しました。

冷蔵庫が思いのほか小さかったことと

鍋がテフロン鍋でなかったのが致命傷。


アメリカのホテルコンドなら

ディスポーザーも付いてるし

鍋も冷蔵庫その他の設備も文句なし

だったので、ついつい それを水準に旅計画

してしまったのが間違いでした。



(過去に泊まったハワイのコンドミニアムのキッチン)

7B957517-1238-41F4-BED9-4AF82986D9DB.jpeg


おうちよりもデラックスなキッチンで

旅先なのにオーブン使って冷凍ピザを

焼いたりしてました。


E3FBEACF-7D2C-4FC4-9AAE-2CB762ADA866.jpeg


アメリカでは大体のところで

食洗機完備でした。これってかなり

ポイント高い。

5CC42A4C-1E0B-4297-8A44-63C2B9F024BB.jpeg


今回は当然 食洗機など無いので、頑張って

手洗いしましたけどね〜。


まぁ、それでもコーヒーや紅茶を

部屋で飲むときに電子レンジで

牛乳を温めたり、簡単なスープを作ったり

出来るのは有り難かったです。

nice!(0)  コメント(0) 

‘18.2. パリ旅行記 (12) リサイクルショップ [パリその他]



今回の旅は前回よりも

商業施設に足を運んだり

街散策をする余裕がありました。


5CAA7E7A-76C3-4E8E-9569-B90FF7CDB329.jpeg


2月になっても まだセールをしているお店は

多かったですが、昨今は景気が

良い方なのでしょうか。良いものは

殆ど売れてしまっている感じでした。


6AFEE36B-9766-4DAD-91ED-B4257DABA724.jpeg


☆☆☆


今回良く歩き回った エチエンヌ・マルセルや

マレ地区ではリサイクルの服飾店が

目につきました。


FD124CF7-9CF2-446D-8F1B-D25C250A6FE7.jpeg


こちらのお店は古着以外に、新しい商品も

扱っていました。


E8E7CD04-D04D-4DAF-A7D3-0C9500F5AF01.jpeg


日本の岡山県倉敷市児島のデニムブランド、

Momotaro Jeans があるではないですか〜[目][ぴかぴか(新しい)]


A2780ED8-0EFC-47E2-81FD-1E361AFBB4F7.jpeg


異国で日本のものに出会うと

嬉しくなります。


☆☆☆


こちらはレ・アルからマレ方向に歩いたところに

ある “Kilo Shop Kawaii”

0DF403F9-95E9-4F97-A337-DC9AD920F560.jpeg

原宿ファッションを意識した

古着屋らしいです。


キロショップは東京にもショップがあるので

ご存知な方も多いかと思いますが、

キロ&グラム単位で量り売りしている

ヴィンテージショップです。


65FAA483-4220-4037-9052-71D9B9708312.jpeg


ハカリがちゃんと有りましたよ〜[ひらめき]


08FF7D0F-39CE-4960-BF7B-77889AE71057.jpeg


でもね。。。私、花粉症プラス

アレルギー性鼻炎なので、店に入った

途端に、目と鼻がムズムズ[もうやだ~(悲しい顔)]


5D56C9B6-B554-4A21-981F-21E314A713CA.jpeg



よれよれの浴衣も有りました。

683257F7-3050-4F48-9F85-3A7F33FE46C6.jpeg


が。。。独特のカビ臭さに耐えられず即退散しました[あせあせ(飛び散る汗)]


nice!(0)  コメント(0) 

‘18.2. パリ旅行記 (11) パレロワイヤル [パリその他]



お腹が膨れた後は、近くの

パレロワイヤルを散策。

92061262-5CC2-4CF1-8ADB-85D73601D1FA.jpeg


ヨーロッパらしい景色です。


7FE68659-5284-4AAE-AEA0-F7088496FE3D.jpeg


時間帯的に人も少なくて、写真撮りまくり〜[カメラ]


ECD331B7-F405-4ACA-BDC6-F85061F5CB5F.jpeg


雰囲気ありますよね[ハートたち(複数ハート)]


90EC257D-E265-4B8B-AA09-CE809AF2A3E7.jpeg


この回廊沿いにはショップも♪


子供服屋さんや、

A88E61E1-0969-465D-AEF9-A4DA5718A1A9.jpeg



バッグのお店、

BA076FFB-40A8-476F-AD40-FEF8664A7A5C.jpeg



など、など。

23E5A97E-B5A2-4A24-9AA9-579F5F1EBE29.jpeg


nice!(0)  コメント(0) 

‘18.2. パリ旅行記 (10)『 フォー14 オペラ』 [パリで食べる]



お買い物に疲れ、気付けばランチタイムを軽く通過。

中途半端な時間に営業している店を求め

さまよっている中、見つけたのがここ、

“Pho 14  Opera”

ベトナム料理のお店です。


こちらはレアビーフのフォー(€10.50)

1F07B319-4B23-4200-8781-818234670D83.jpeg



私は鴨ローストのランチ(€12.00)

044BA475-7C4D-4656-8F76-5EEBF10A5BB3.jpeg


期待しないで入ったのですが、

こちらの鴨、甘いソースがお肉によく合うし、

ご飯の進むお味。


連れのフォーも普通に美味しかったそう。


デザートのチェーが美味しそうだったので

あとで頼もうと思っていたのですが、

鴨で満腹になってしまい、断念。


単品だけど、お一人10ユーロ前後で

ドリンクのジャスミンティーも€2.60と

パリのオペラ地区においてはお手頃価格。


ここはまた困った時に来ようっと。

ランチやディナー時には行列になるらしい[あせあせ(飛び散る汗)]

そこまで人気なのは安いからかな???


本店は13区 チャイナタウン近くにある様です。


“Pho 14  Opera”

17 rue Moriere, 75001 Paris

nice!(0)  コメント(0) 

‘18.2. パリ旅行記 (9) 免税手続き(デタックス) [パリその他]



 フランスでは1店舗で€175.01以上の買い物ならば

税金の還付が受けられます。

但し、免税手続きをした場合のみ適用。

約12%分の税金が払い戻されます。

(食品、書籍は3%)


(お店によっては約305ユーロ以上購入しないと

いけないところもあるそうです。)


前述のギャラリーラファイエットでは

€175.01以上で申請可能です。

申請場所が分かりにくい場所で、

確かグランドフロアのロレックス売り場の

近くでした。


日本のデパートのお中元申し込みブースみたいに

なっていて、並んだ順に案内されます。


気をつけなくてはならないのが

パスポート原本が必須で、買い物した当日に

申請しないと無効なこと。


下のような、バーコード入りの輸出販売明細書を

発行してもらえます。

F649364C-E628-489A-835B-D411107EE952.jpeg

デパートだと、こうしたA4サイズの明細書でしたが

個々の商店だと小さなレシート状の所もありました。


返金方法は現金とクレジットの

どちらかを選べます。


ギャラリーラファイエットでは

たった250ユーロ弱の買い物でしたが

申請しました。

スズメの涙程の返金ですが[ふらふら]



後は空港で荷物をチェックインで預ける前に

必ず、税関窓口へ行きます。

免税申請書類のバーコードをパブロという機械で

読み取って、認証されればOK。


8EBC4631-9374-49B3-9EDF-8D3465ABA299.jpeg


ダメだった場合は係員窓口に並んでスタンプを

もらいます。

この際、高級ブランド品などは現物のチェックを

することがあるので出しやすいところに入れて

おくことが賢明です。


通常は返してもらった書類を封して

投函すれば、完了なのですが

こちらのデパートの場合のみ、投函しなくても

ちゃんと手続きされるみたいです。



ユーロ圏の他国も滞在する場合は

最終滞在国の空港の税関窓口で免税認証を

することになっているのでご注意を。


旅行前に確認しておくと安心です♪



また、同じユーロ圏でも国によって勝手が

違いますのでご注意ください。

nice!(0)  コメント(0) 

‘18.2. パリ旅行記 (8) 『ル・ショコラ・アラン・デュカス』 [パリその他]



ギャラリー ラファイエットには

オスマン通りを挟んで反対側に

食品館もあります。

(正確にはメゾン&グルメ館と言って

インテリア&キッチン雑貨も含まれます)


グランドフロアには有名パティスリーや

ショコラティエのお店もあります。

CE332CB8-DD1D-4341-BD2E-154671617EE6.jpeg

ジャンポールエヴァンは日本にも店舗が

あるので、敢えて アラン・デュカスを選んで

お土産に♪


店員さんが日本の方だったので

お買い物しやすかったです。


7456FCED-4171-4402-8DEB-EFD39737C1FD.jpeg

しか〜し、帰国後 3月には日本橋に、

4月には六本木に支店がオープン。

ガーン[がく~(落胆した顔)]


日本はやはり良いマーケットなんでしょうか。

チョコレートの海外店舗は日本だけ

みたいです。


肝心のチョコですが、こちらは

生チョコよりも板チョコが推し、

らしいです。


ビターが好きなのですが、こちらの

ビターはやや酸味が強い

メゾンデュショコラ系かな。

好みが分かれますね。


nice!(0)  コメント(0) 

‘18.2. パリ旅行記 (7) 爆買い風景 [パリその他]



ギャラリーラファイエット  パリ オスマン店。 

オペラ座近くにある大手デパートです。


116BB3C9-4AD6-46F7-8E66-A130DFB15785.jpeg

(ギャラリーラファイエットのサイトより拝借)


いつ行っても 隣国のお客様で賑わって

おりました。中でも唖然とする光景は

一階の有名ブランド前にできる行列。

ほぼ全員 東洋系[あせあせ(飛び散る汗)]

8割は隣国(大陸)のお客様でしょうか。


行列を成すって、一種異様な風景になるんですよね。

人種とか関係無く。

グランドフロア(一階)って、デパートの顔って

日本では良くいわれますけど。。。

ちょっと、ね。


一気に購買意欲が無くなり、乾いた喉を

潤しに3階のスタバに行きましたが

ここでも例の国の方々が幅をきかせておりました。


B8C002FA-3D95-4406-8BA2-EB1B23D6505D.jpeg

(同じくギャラリーラファイエット内のページより拝借)



飲み物を飲み終えているのに居座る人、

買い物に出ているであろう友達の席に

カバンを置いて陣取っている人。


仕方がないので 立ち飲みしていると、

イタリア系の女性が、荷物を置いている席を指差し

カバンを置いて席取りしている人に

席を譲れと怒り口調で詰め寄っていました。


もう、ほぼ 喧嘩。。。


英語を理解した隣の東洋系の女性が

もうすぐ出るからと席を立って

事なきを得ましたが。。。


大騒ぎがあっても、店員は我関せず。

きっと こういう事が日常茶飯事なんでしょうね。


nice!(0)  コメント(0) 

‘18.2. パリ旅行記 (6) マレ散策 [パリその他]



食後、土地勘をつけるためにマレ地区を散策。


B72333C9-A71B-4B27-BC99-D3AC93CE565C.jpeg


しかし、本当にどこの地区も似たり寄ったりの景色で。。。

今回は前回の失敗があったので レンタルwifi しましたが

それでも、迷う[あせあせ(飛び散る汗)]


9B0B3AF3-23E0-4CC0-9320-8AF385340561.jpeg


パリの道は碁盤の目状じゃないし、

ずっと同じ道をまっすぐ歩いていたのに

突然道名が変わってたりするから

地図を見てても、迷う。


37935F7A-1132-442F-A47A-61A23F9774DD.jpeg


お店があるところならいいけど、

住宅街は本当にわかりにくい。

滞在中、タクシーの運転手さんも

アパートまで迷ってましたし。


C15FB1E5-FF35-425E-AEB1-0ED048CA0395.jpeg


マレの街、昔は貴族も住んでいた地だそうですが、

下町っぽい感じもあり、気に入りました♪


AAA71F16-BAD2-4C7E-80EE-8A5216C7E5E7.jpeg


ガイドブックで乗っていたお菓子屋の”Meert”。


95B279A1-98C1-4B9A-8E3F-3B574BD43771.jpeg


ここのワッフルが美味しそうなので自分のお土産に

買いましたが。。。ちょっとイメージしていた

お味と違い、残念。


一緒に買った菓子パンは美味しかったです。


☆☆☆


この後、地下鉄に乗ってオペラ方面へ。

ギャラリーラファイエットでお買い物を楽しみました。


2C37B4CA-8C4C-4F25-A577-F4ACF8187FAA.jpeg


nice!(0)  コメント(0)